ときめきプロジェクト

ときめきセレクション受賞施設におじゃましました! その③ さざなみAloha(アロハ)

2018.03.15

今回おじゃましたのは、城南区田島の『さざなみAloha』さん。2014年のときめきセレクションで水ようかんを出品し、金賞を受賞した施設です。

もともとAlohaさんは、バターやマーガリンを使わず小豆島のオリーブオイルを使用するなど、安心でヘルシーな材料にこだわったお菓子で定評のある施設。水ようかんは北海道産小豆や九州産きび砂糖などこだわりの材料に加え、福祉施設では珍しい和菓子ということで、選考で高い評価を得ました。

 

そんなAlohaさん、実はお菓子づくりと並んで、もう一つとても大切なお仕事があるんです。

それは、草取り。地域のお宅を中心に、庭の草取りサービスを行っているんです。

「田島に移転してくるずっと以前から、もう15年以上続けているんですよ」と、施設長の金森佳子さん。「チラシを見て依頼してくださった方がリピーターになり、口コミで広がって、今では年間60軒以上のお宅に出かけているんですよ」

冬の間はお休みしている草取りですが、暖かくなり、そろそろ再開ということで、この日はご近所のMさん宅の草取りに同行させていただきました。

Mさんは、もう5~6年の間、毎年Alohaさんに草取りをお願いしているお得意さま。

「○○くん、今日はお昼なに食べた?」「○○さん、今日は調子どう?」と、Alohaのなかまともすっかり仲良しです。

 

さっそく庭で作業を開始するなかまたち。

何種類もあるクワやカマを使い分け、芝生や植えてある木、花などは上手によけながら、どんどん草を刈っていきます。

「初めてAlohaさんに草取りを頼んだとき、刈ってくれたところが草1本生えてないほどきれいになっていたんです。自分ではとてもここまでできないから、すごく助かってますよ」とニコニコ顔のMさん。

今では留守のときも裏から入って草取りをしてもらうほど、信頼関係ができているんだそうです。

本格的な草取りシーズンになると、雨の日以外は毎日作業に出かけます。屋外での作業は毛虫や蜂など虫にびっくりすることも。夏の暑い日は水分や塩分を補給しながら行います。

「鍛えられているからみんな体も丈夫ですよ。土や草に触れるのは心身の安定にもいいみたい。庭がきれいになることでみんな大きな達成感を得ています」と金森さん。

Mさんは、なかまが草取りの仕事で外に出かけるのは地域の人にとっても良いことだと語ります。「頑張って仕事している姿が見えることで、障がいのある人への理解も少しずつですが広がってきているんじゃないでしょうか」

 

ゴミ袋いっぱいの草を取り終えたなかまたちの笑顔はとっても爽やか。

いろんなところに出かけて行くのがとても楽しみなんだそうです。

家の庭以外にも、駐車場や空き地、最近ではお墓の掃除・草取りも始めたそうです。雑草にお困りの方は、ぜひAlohaさんに相談してみてくださいね。

 

■さざなみAloha

福岡市城南区田島5-4-20

TEL092-865-8685

 

 

ページトップへ